よく食物繊維を摂ることが勧められているので、もしかしたらあなたは便秘対策として青汁を考えているのかもしれません。確かに青汁は、食物繊維に関して豊富であることが分かりますし、健康にも良さそうです。

青汁が便秘解消に有効かどうかについて、今回は青汁を実際に飲んでみてその情報と感想を述べていきます。

青汁とは

まず、青汁とは何かという定義からみていきます。

青汁(あおじる)とは、ケールなどの緑葉野菜を絞った汁のこと。健康食品として、乾燥粉末化した製品も市販されている。

引用元:ウィキペディア

最初は、ケールが中心だったためにまずくて、バラエティ番組の罰ゲームに使われていました。その後、品種改良や多様化が進み飲みやすくなっています。

最初の青汁はケールだった

そもそも青汁はどういう経過で健康食品になったのでしょうか。その経過を以下に掲載します。

昭和18年に遠藤仁郎(えんどうにろう)医学博士が大阪女子医学専門学校の教授をしていたとき、栄養失調に苦しむ人々を救える方法を探していました。そして、博士がトイレに入っているときにひらめいたのです。

「そうだ、緑の葉を食べればいいじゃないか。動物たちは草や葉を食べて、あんなに元気に生きている」

色々な植物で試してみたそうです。それは、大根、大豆、カシなどあらゆる葉っぱです。これらのものをすりつぶしてジュースにする方法を考えついて、「青汁」と命名しました。

昭和24年に演芸書を読んでいたときに、「青汁」に最高な食物を見出しました。それが、ケールなのです。これが製品化されて広く日本に知れ渡りました。

 

ケールはあらゆる野菜の先祖

なぜ、遠藤博士はケールが青汁に一番適していると結論づけたのでしょうか。それは、ケールはあらゆる野菜の先祖だからです。ケールは4500年前に地中海沿岸で生まれたといいます。アブラナ科の雑草が突然変異したことによります。

この地球上にある野菜の多くが、アブラナ科の雑草をルーツとしています。そのアブラナ科の雑草がケールに突然変異して、それを食べている羊が丈夫で発育もいいことに注目したギリシャ人が栽培するようになったのです。

数学者のピタゴラスは、ケールの栄養価に注目して「元気と落ち着いた気分をもたらす野菜」として文献を残しています。

このケールを普及させたのは、ヨーロッパの広範囲を移動していたケルト人です。今のスペイン辺りに住んでいたイベリア人が野生ケールを利用していたのですが、この地に入ってきたケルト人たちがこれを見て栽培をするようになったのです。

彼らケルト人は、航海に出るときには必ずこの野菜を船に積んで行くようになりました。その理由は、航海中のビタミンCの不足を補うためでした。このことによってケールは彼らがいく先々で広まっていったのです。

日本にケールが渡った経過

それでは、日本にはどのようにケールが伝わったのでしょうか。諸説あって定かではありませんが、1200年頃に伝わったという説や江戸時代にポルトガルやオランダの交易船が持ち込んだという説などがあります。

ただ、当時の日本では生で野菜を食べる習慣がなくて、ケールは鑑賞用に用いられたのです。これが、葉ぼたんです。

明治の中頃から銀座の食堂でポークカツレツにキャベツの千切りを出したことで、キャベツが主流になっていきます。キャベツの先祖はケールなのですが、ケール自体はあまり注目されなかったのです。

ケールは以下の特徴があります。

  1. 地中海に生息するアブラナ科の植物
  2. 含まれる栄養素
    • β−カロテン
    • ビタミンC
    • 葉酸
    • カリウム
    • マグネシウム
    • ナイアシン
    • パントテン酸
    • 食物繊維

ケールの葉

多様化する青汁

前述したように最初はケールが青汁の原料でしたが、だんだんと飲みやすさなどを考えて様々なタイプの青汁が出てくるようになり幅広いバリエーションを持つようになりました。

例えば大麦若葉の青汁があります。ケールに比べて飲みやすいのが特徴です。

大麦若葉は以下の特色があります。

  1. イネ科の大麦で若い葉の部分を2、30cmに育ったところを収穫したもの
  2. 含まれる栄養素
    • カルシウム
    • カリウム
    • SOD酵素
    • 亜鉛
    • ミネラル
    • マグネシウム
    • β−カロテン
    • ビタミンB1
    • ビタミンC
    • 食物繊維

大麦若葉

お通じに関する項目

ここで、お通じに関する項目について見ていきましょう。一般的には、食物繊維とマグネシウムが有効な要素です。そこで、ケールおよび大麦若葉のこの二つの項目を比較検討して見ましょう。

ケールと大麦若葉の食物繊維とマグネシウムの代表値比較(100g中)

  • ケールの食物繊維量:水溶性0.5g   不溶性3.2g
  • ケールのマグネシウム量:44mg
  • 大麦若葉の食物繊維:水溶性2.6g   不溶性44.6g
  • 大麦若葉のマグネシウム量:190mg

ただしここでの数値は、乾燥したり粉末にしたりすると変わってきますのでご注意ください。加えて、1日の標準的な食物繊維の摂取目標はどうなっているか気になるところです。一般的に18〜69歳で男性20g以上、女性18g以上と言われています。

また、マグネシウムの含有量においても硬水と呼ばれるミネラル分たっぷりのものでエビアンというフランス産のものは、2.6mg、コントレックスというフランス産のものは7.45mgです。これも参考になります。

以上から言えることは、青汁は便秘対策になります。ただし、不溶性の食物繊維が多いので痙攣性(けいれんせい)の便秘(便がウサギの糞のようになる便秘)には適切ではない可能性があります。

実際の青汁体験

それでは、実際に青汁を飲んでみた感想を述べていきます。青汁は通販のQVCで購入した「葛の花青汁」です。名称が「大麦若葉加工食品」ということからも、大麦若葉を原料としたものであることがわかります。

通販で購入した青汁

一回に使う一袋

この一袋に記載してある一部を挙げてみます。

原材料名

  • 大麦若葉末、難消化デキストリン(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、葛の花抽出物

内容量

  • 3g

摂取目安量

  • 1日あたり一袋

考察

この青汁ですが、この原材料名だけではなんとも判断できません。例えば、どの程度の量が含まれているのかが分かりません。そこで、色々と調べた結果一袋で摂れる成分は以下であることが分かりました。

  • エネルギー:9.5kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • 脂質:0.05g
  • 炭水化物:2.5g
  • 糖質:1.6g
  • 食物繊維:0.9g
  •  食塩相当量:0.002g
  •  葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg

この成分からこれは果たして便秘に効果があるかというと、正直な話食物繊維が1gにも満たないということは、食物繊維としての便通をよくするというよりは野菜を食べることの補助飲料になります。また、便通をよくするためのマグネシウムに関しては資料がないので検討できません。

実際に飲んだ感想

実際にこの青汁を飲んでみました。還元麦芽糖も入っていることからか、少し甘みさえ感じる飲みやすさがありました。青汁というと飲みづらいというイメージですが、それはケールの持つ特徴に由来しています。

実際に便通に影響があるかに関しては、際立った効果は実感しませんでした。

今回の青汁は大麦若葉が中心なので、そういったことは全くありませんでした。1日に一袋ということは、多く飲んでも効果がそう期待できるものでもないということか、ある成分を取りすぎるとかえって良くない結果を産むのか理由は分かりません。

そこで、調べてみると「摂り過ぎても効果が期待できないこと」や「色々と注意をすることがある」文があるので引用します。

※青汁にはビタミンKを含んでいますので、ワルファリンカリウム(ワーファリンなど)を服用中の方はお召し上がりにならないでください
※妊娠中や妊娠の可能性のある方は、医師に相談してください
※疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を利用している場合は医師、薬剤師に相談してください ※多量摂取により疾病が治療したり、より健康が増進するものではありません。また、妊娠中の方あるいは妊娠の可能性のある方は医師に相談してください

引用元:QVC

このことからも、青汁は食物繊維が豊富で便秘に効果があると思って1日に何袋も飲んでも効果が期待できないことが分かります。

まとめ

今回は、青汁が便秘に効果があるのかということについて検討してきました。ケールや大麦若葉は確かに便秘には効きそうな感じですが、実際の青汁になるとよく成分についてどうなのかを考えてみる必要があることが分かりました。

私が試した青汁は、これだけで便秘が解消し改善するというより日常で摂っている野菜などの補助食品程度に考えているといいのではないかという結論です。青汁は便秘解消の中心的な存在として使うのではなく、補助的な使い方がいいのです。

普段の生活で野菜を摂ることを心がけたうえで、青汁を飲むことも一つの方法となることが分かりました。

腸内細菌サプリを活用した腸活生活

便秘は非常に多くの人が悩みます。私も便秘に対してかなり苦しみ、入院したことさえあります。そのため薬を服用したり、生活習慣を改めたりしていろんな対策を行いました。

そうしたとき、非常に有益なものとして腸内細菌サプリがあります。腸内環境を整えることで、薬に頼らずに腸活生活を行うことができます。

ただ、腸内細菌サプリメントは非常に種類が多いです。そこで、以下でどのようなサプリメントが適切なのか解説していきます。